本文へ移動

社会福祉法人
渋川市社会福祉協議会

〒377-0008 
群馬県渋川市渋川1760番地1
TEL:(0279)25-0500
FAX:(0279)25-1721

0
3
2
3
0
9
6

だれでもブログ(2018年)

クリスマスイベント準備!「うまい棒選手権」

2018-11-16
もっと子ども達が楽しめるイベントがしたい
でも、だれでも広場のイベントは来場者が約900人、そのうち子どもが500人くらい。
500人の子ども達を楽しませる体験型イベントと言っても場所も時間もない
子ども一人が1分くらいで楽しめるイベントを考えなくちゃならない。
さてどうしよう???
 
そこで今回考えたのが「うまい棒選手権」
大きなくるくるルーレットにボールを投げてもらい、ボールがくっついた場所によって、貰える「うまい棒」の数が変わる!というイベントです点滅している星
 
これなら1球投げるだけだから1人1~2分でできる

ところがこの「くるくるルーレット」調べてみたら1台8万円くらいするのです
来場者数を考えると2台は欲しい。てことは16万円…
仕方がない…作るかってことで製作開始です。
 
材料は、洋品店さんからいただいた「頑丈な板」と壊れてしまった「車いすの車輪」です
(洋品店さんの棚を長年支えていた棚板。水上洋品店さん、ありがとう♡)
(壊れちゃった車いす)
だれでも広場が得意とする「材料費ゼロ円工作」です
(ここまでの製作時間1時間!メッチャくるくる回ります♪)
(イベントが終わったら片付けやすいように取り外し可能!差し込む時はジャキーン!って口で言いますw)
とりあえず骨組みはできました
この車輪にマトを貼り付けます♪
(アクリル板に大きな円を書きます。巨大なコンパスなんてないから、廃材に穴開けてコンパス代わりに)
(分度器で測りながら線を引きます。1等は1/6、2等は1/3、3等は1/2の確率です。久しぶりに分数の計算した(汗)この工程が一番疲れる自分に乾杯)
このマトにカラフルな布を貼り付けて完成です!
(縫い物は全くできないので、ここから先は女性陣に任せます
 
当たる「うまい棒」の数は1~3本。当たった本数の分だけ引換券を渡すので「うまい棒交換所」に行って好きな味と交換してね
こんな大きな布を縫えるのってスゴい!かなりいい加減に寸法測ってたように見えたけどなぁ。さすが年の功!なぜ黄色?黄色い丈夫な布をいただいたからだよ♪
PS.以前あった黄色い大型クッション。切れちゃって片付けちゃったよね。でも赤城支所の おばちゃん 職員がまた縫いました。みんなで仲良く遊んでねきらきらしたハート
TOPへ戻る