日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業

 判断能力に不安があるため、福祉サービスの利用がわからなかったり預貯金の出し入れなどに
困っている方が安心して地域で暮らせるように福祉サービスの利用手続き、公共料金等の支払い
手続き、大切な書類の管理などのお手伝いをします。

利用できる人   渋川市内または吉岡町、榛東村にお住まいの方で、認知症、知的障がい、精
                          神障がいなどにより判断能力が不十分な方が対象になります。
         なお、療育手帳や精神障害者保健福祉手帳を持っていたり、認知症の診断を
                          受けている方に限られるものではありません。

サービスの内容 ①福祉サービスの利用援助
           ・福祉サービスの利用に関する情報提供、相談
           ・福祉サービスを利用したいときの手続きの援助
          ・福祉サービスに関する苦情解決制度の利用手続きの援助
        ②日常的金銭管理サービス
          ・福祉サービスの利用料、病院への医療費の支払いの援助
          ・税金、社会保険料、公共料金などの支払いの援助
          ・年金、福祉手当等の受領に必要な手続きの援助
          ・金融機関での預貯金の出し入れの手続きの援助 
          ③書類等預かりサービス
         【保管できるもの】
          定期預貯金の通帳、年金証書、不動産権利証、保険証書、実印や銀行印など
         【保管できないもの】
          現金、宝石、貴金属、書画、骨董類など

利 用 料   相談や支援計画の作成にかかる費用は無料です。
        契約後、提供されるサービスについては、有料となります。
                   1時間1,000円
                   ※利用料助成事業該当者(住民税非課税世帯)は1時間500円
                      生活保護受給者は無料

問い合わせ    総務企画課 在宅福祉グループ