社会福祉法人
渋川市社会福祉協議会

〒377-0008 
群馬県渋川市渋川1760番地1
TEL:(0279)25-0500
FAX:(0279)25-1721

渋川市社会福祉協議会 本所
0
3
0
5
9
0
3

メニュー

施設の概要

 渋川市社会福祉協議会では、「あらゆる世代が集える場所」として、平成28年6月に、この施設をオープンしました。
 この施設は、住んでいる場所や年齢に関係なく「だれでも」利用できる屋内広場になっています。全国的にも対象者を限定せず無料で利用できる屋内広場は珍しく、渋川市内外からたくさんのご利用をいただいております。

開館時間等

定休日
・毎月第二水曜日(8月は無休)
・12月29日〜1月3日
  ※ カレンダーはこちら
開館時間
 
午前10時〜午後4時
 
料金
 
無料
 
対象者
 
だれでも
 ※ 幼稚園等特定の団体による利用はできません → 詳しくはこちら
住所
 
渋川市赤城町宮田850-3(ユートピア赤城1階)
 ※ 交通アクセスはこちら
問合せ
【平日】生活支援課 在宅福祉グループ 電話:0279-25-0500
【土日祝祭日】赤城支所 電話:0279-56-2829
 

この施設は・・・

 この施設は、渋川市社会福祉協議会の2つの財源により運営されています。
 運営費:介護事業の利益
 遊具等の購入費:寄付金
 どちらの財源も限りがあるため、この施設に職員を常駐させることはできませんが、清掃活動をボランティアさんにお願いしたり、不足する物品の寄付を募ったりして通常の施設運営より安価に運営しています。
 この施設は善意により運営されています。

利用上の約束

仲良く
 ここでは「争わない」ことを約束してください。
 ここは「屋内公園」です。利用者様同士のトラブルについては、職員は介入できません。楽しく遊んでいる子ども達のためにも、モラルを守って仲良く利用してください。
 
子どもを大切に
 施設内での事故に関しては一切の責任を負いかねます。
 小さなお子さまから目を離さないようお願いします。
 
使ったら「お片付け」
 館内の清掃活動はボランティアさんにお願いしています。ボランティアさんの負担を減らすためにも、お帰りの際は、遊具等の片付けにご協力ください。

幼稚園等特定の団体による利用はできません

「園外活動でだれでも広場を使いたい」こんなお問い合わせを多数いただきますが全てお断りしています
 
キッズスペースを作った一番の目的は「子ども達に安全な遊び場を提供したい」「社会から孤立しがちな育児中の親の交流を図りたい」という2つの理由があります。
毎日のように幼稚園、保育園、福祉施設などの来場があると個人利用者は非常に居心地が悪くなってしまいますし、雨の日は団体利用者が占有してしまい個人利用者が入れない事態になってしまいます。

小さな子どもを持つ親御さんは、行き先に困っています。どうかご理解とご協力をお願いします。

注意事項

・館内にはごみ箱がありません。ごみの持ち帰りにご協力をお願いします。

・おもちゃの持ち込みはご遠慮ください。

・ペット同伴での入場はできません。(補助犬はのぞく)

・飲酒をされている方は入場できません。
ベビーカーでの入場はできません。(特別な理由がある場合は受付に声をかけてください)

・飲食のできるスペースはありますが、食堂や売店はありません。お食事は持ち込みでお願いします。(アイス、お菓子、飲料の自動販売機はあります)

その他施設内における事故、トラブル等については一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

 

だれでもブログ

 

飲食スペース拡張工事完了!

2016-11-19
授乳スペースが「赤ちゃんひろば」にお引っ越ししたことに伴い、飲食スペースが広がりました。
テーブルフロアと座卓フロアに分かれたので、いっぱい座れるようになりました。
子供用のイスや座布団など、今後、検討していきたいと思います。
テーブルフロア
座卓フロア(授乳室だった場所です)
クッションフロアを貼る人件費担当のI君。もはや自分達の職種が何なのか分からなくなりつつある…

「赤ちゃんひろば」オープン&「べんきょう部屋」改修スタート!

2016-11-15
「赤ちゃんひろば」と「絵本とおもちゃの部屋」が予定どおりオープンしました。
設置するおもちゃの選定は、安全面の配慮から「細かな部品がないこと」や「電池を使わないこと」など制約があり、なかなか難しかったです(汗)
でも、おもちゃを見て喜んでくれる子ども達の姿を見て、とても癒やされました。「ありがとう」って言ってくれた子がいたのも嬉しかったよ!(>_<)♡
 
また、べんきょう部屋の改修工事も始まりました。11月中の完成を目指して、工務店さんも頑張ってくれています。
さらに、大型ボールプールも設置業者さんから「12月3日のクリスマスイベントに間に合わせます」と嬉しい連絡をいただきました。オーダーメイドなので、普通はこんなに早く入らないのですが、子ども達のために急ピッチで進めてくれるとのことでした。
 
大工さんも、業者さんも、我々職員も、みんなで頑張るからね。楽しみに待っててね!
シルバニアファミリー。ウチは男子しかいないから、組立初体験(^^;) なかなか楽しかったりする…
いい歳して、こんなの並べて写真撮ってたもんだから、他の職員に笑われたりした…
トミカ♪女の子も楽しそう♪
べんきょう部屋改修工事。さすがプロ!ただの浴室がみるみる変わっていきます。僕らにはできない!

乳幼児スペースオープン日のお知らせと内容の変更について

2016-11-11
「だれでも広場大幅リニューアル」の第一弾!乳幼児スペースのオープン日が11月15日(火)に決定しました!
この週末に最終的な部材が届き、月曜日に仕上げの作業をする予定です。
 
また、当初「3歳以下専用スペース」として告知しておりましたが、「1歳と4歳の子がいる方」などは、子ども達が全く別の部屋に分かれてしまうなどの問題がありました。
そこで、実際にだれでも広場にお越しいただいたお母さん達からも話を聞かせてもらい、検討した結果、部屋の半分を「赤ちゃん専用スペース」とし、もう半分を「絵本とおもちゃの部屋」とすることになりました。
赤ちゃん専用スペース(赤ちゃんひろば)は、「よちよち歩きくらいの子まで」を対象にしています。
隣の「絵本とおもちゃの部屋」には年齢制限を設けませんが、幼児が楽しめる空間になっています。
二つの部屋の仕切りは見通しの良い柵ですので、「赤ちゃんひろば」に居ながら、「絵本とおもちゃの部屋」の様子がよく分かります。
 
この2つの部屋は、「大きな子が走り回っていると小さい子が安心して遊べない」という声から生まれました。でも、赤ちゃんはここでしか遊べない訳じゃありません。安全なときは、キッズスペースで全力で遊んでね!
ちょっとだけ中身紹介♪「知育ジム」またカメラのレンズが曇る失態(-_-;)
「ベビーベッド」
「乳児用体重計」
2つの部屋の仕切り柵

乳幼児スペース新設工事(その2)

2016-11-09
今日は月に1度の休館日!ということで、他グループの職員も集めて改修作業を進めました。
夜遅くまでかかりましたが、作業は順調に進み、「もう少しで完成」というところまで来ました。
乳幼児スペースがオープンしたら、このホームページ上でお知らせします。もう少々お待ちください。
 
だれでも広場のおかげで、職員のDIY技術の上達がハンパじゃない(笑)
「憩いの間」と「べんきょう部屋」を仕切っている仮設の壁を撤去します。
壁がなくなると広いんです!イメージどおりに作れそう(>_<)♪
床にクッションフロアを貼ります。2度目だから慣れたもの♪
柵の塗料は子どもにも安全な自然塗料「オスモ」を使ってます。
ゲートも付きました。(ここが一番苦労した…汗)
遊具作りに悪戦苦闘!

乳幼児スペース新設工事!始まりました!

2016-11-07
今日から「だれでも広場大幅リニューアル工事」が始まりました。
経費に限りがあるため、乳幼児スペースの改修は、職員で実施します。
職員それぞれが他の担当業務を持っているため、なかなか調整も難しいのですが、みんな文句も言わず頑張っています。だれでも広場では「争わない」が約束ですからね。我々が模範とならなければ♪
今日は、新しく作られる「乳幼児スペース」の柵を設置しました。
11月中旬オープン目指して頑張ります!
柵の木材。1本200円!「自分達で柵を作れば5千円くらいで作れるよ!」ってことで作業開始です。
約2mの木材を切って、高さ66cmの柵を作ります。(なんかDIY講座みたい 笑)
作った柵の表面をコーティングします。3回塗るのでこれもなかなか大変な作業(汗)
危険な場所は全て柵でふさぐ予定です。間取りに合わせてピッタリ作れるのも自作のメリット♪

ボランティア紹介!(高崎健康福祉大学 中澤さん)

2016-10-25
今回は、だれでも広場のボランティアさん紹介です。
中澤さんは、高崎健康福祉大学の4年生、国家試験を控える忙しい身ですが、毎週だれでも広場の清掃ボランティアをしてくれます。
「少しでも社会の役に立ちたい!」とだれでも広場のボランティアに申し込んでくれました。
 
★中澤さんから一言★
「いつも閉館時間まで、べんきょう部屋で勉強してから清掃しています。べんきょう部屋が大々的にリニューアルされると聞いて、とても楽しみにしています。これからも一生懸命清掃するので、たくさんの方にこの施設を利用していただきたいです。」

本棚増設&クリスマスイベント準備♪

2016-10-12
 本会の広報紙「社協しぶかわ」で本の寄付を募ったところ、たくさんの寄付が集まりました。
 そこで!今月の休館日は、リラクゼーションルーム内に本棚を増設をしました。
 マンガコーナーに本棚を1台増設し、新たに小説コーナーの本棚を設けました。リラクゼーションルーム内にある「BOOK投票箱」にもたくさんのリクエストが寄せられているので、徐々にマンガも増やしていきたいと思います。
 また、12月3日(土)に予定しているクリスマスイベントの準備も併せて行いました。皆さまのご来場をお待ちしております。
本棚を組み立てる女性陣!熱気でカメラのレンズも曇る!
新設した小説コーナー
クリスマスイベントで行う「カップケーキデコレーション」の試作。ここでも頑張る女性陣!
飲食スペースのシンク下が危なかったのでふさぎました。こちらは男性陣が作成☆

いつもありがとう。

2016-10-07
閉館時間になると、館内の遊具をきれいに片付けてくれるお母さん達がいます。
清掃ボランティアさんが足りないため、我々、本所の職員も時々清掃に入るのですが、きれいに片付けられた遊具を見ると、とても心が温まります。
きっと他の子が散らかした遊具もあるでしょう。文句も言わず(言ってるのかな?)片付けてくれる人がいると思うと、とても嬉しいです。この施設を立ち上げて良かったと思います。
感謝です!
この施設のオープン初日、「きっと散らかってるんだろうなぁ」と思いながら閉館後の館内を見回って・・・
とてもきれいに片付けられているのを見て感動したのが、一番の思い出です。
芸術的なソフトブロック片付け!俺にはできない!
床いっぱいに落書きされちゃった日は正直心が折れます(汗)この日はキレイ☆

無料送迎バスの運行が始まりました!

2016-10-03
だれでも広場のバス停
社会福祉協議会では、買い物難民や医療難民の救済の一助として、「福祉のあし」という無料送迎バスの運行を平成28年10月3日から開始しました。
バスはだれでも広場を利用する方もご利用いただけます。(乗車の際に「だれでも広場の利用です」とお声かけください。)
 
時刻表や停車場所は下記のリンクからご確認いただけます。
是非、ご利用ください!
 

だれでも広場に無料WI-FIが入りました☆

2016-09-23
みなさんから、たくさんご要望をいただいておりました「無料Wi-Fi」が・・・ついに入りました!
 
使い方は、「だれでも広場」でパソコンやスマホ等から『shibukawa-syakyo』のWi-Fiを探して、館内に表示してあるパスワードを入力すれば利用できます。
 
「べんきょう部屋」でも利用できますので、学生さんも是非ご利用ください。